Categories: net radio

ネットラジオのはじめ方-#5。

【2016.06.01時点の話】
 公式からのダウンロードは,フリーバージョンでも,レジストしないとできなくなってしまった。それもかなり細かい情報まで記入を求められる
 そんなこんなで,うちのネットラジオ局はやめちまった。

【2014.09.20時点の話】
 Radionomy に売られた(アセッ)あとの SHOUTcast DNAS を使った「新・ネットラジオのはじめ方」を書いた。新しく自前ネットラジオ局を建てる場合には,参考になるかも……。

【2014.06.26時点の話】
 すっかり忘れてて追記が遅くなってしまったが, SHOUTcast 2 Tools のダウンロード先が SHOUTcast Home にきちんとできている。次のリンクページからダウンロードできる。BroadcastNow

【2014.02.26時点の話】
 AOL が Winamp と Shoutcast を手放した関係で, SHOUTcast 2.0 Tools , Winamp のダウンロード URL が変わっています。「WinampとShoutcast。」をお読みください。

 2013.10.11 の我が家の検索ワードに「windows 7でシャウトキャスト放送はできるのか」というのがあったので,現時点の o6asan’s netradi (もうありません – 2016.6.1) の環境を書いておきます(汗)。

  • Windows7HP+SP1(x86)
  • sc_serv2_win32_07_31_2011.exe
  • shoutcast-dsp-2-2-3-windows.exe
  • Winamp Media Player 5.65

 sc_serv2_win32_07_31_2011.exe のインストール場所は,デフォルトの C:\Program Files は避けて,別パーティションを切って入れています。
———————————————————————————————————————————————-
 随分久しぶりのnet radioネタ。

 apollo23さんからコメントをいただいたのだが,どうやらネットラジオをローカルでCDプレーヤーみたいに使えればいいなということらしい。そこで,SHOUTcastサーバをローカルで建てるという話になって,コメントでやり取りしていたのだが,プログラムの仕様がチョコチョコ変わっていて,どうも説明が難しい。何しろ,「ネットラジオのはじめ方。」は私の覚え書的記事で,画像も入っていない。結局,私自身,最新版をインストールしなおしてみることにした。

ローカルでCDプレーヤー的に使うということであれば,SHOUTcastサーバはprivate設定にし,インターネットからアクセスできないようにすればいいと思うので,
  1. 外向きのポート(たとえばルータの)は開放しない。
  2. sc_srv_xxx.conf の publicserver の設定を never にする。
  3. SHOUTcast SourceのDirectory ConfigurationのところのMake this stream public のチェックを外す。

ということになると思う。このうち2.3.は,インターネットに公開するSHOUTcastサーバでも,public設定にしなければ同じである。

 さて,Win上に最新版でサーバを建ててみよう。(注)この先の話は,Windows OS上でのものである。また,構築の途中で,ファイアーウォールからのメッセージが出る場合があるが,自分が設定中のプライベートアドレスに対するもののみ接続を許可してほしい。

  1. Broadcast Now!から,自分のプラットホームにあった SHOUTcast DNAS 2.0 をダウンロードする(上記【2014.02.26時点の話】のような状態なので, SHOUTcast DNAS 2.0 は forums.winamp.com からダウンロードしてください)。Windows 32-bit,Windows 64-bit,MAC OS X Intel,Linux [64-bit],Linux [32-bit],BSD 8.X の6種類があるが,当然,Windows 32-bit,Windows 64-bit のどちらかを選択する。
  2. ダウンロードしたsc_serv2_xxxxx_07_31_2011.exe をインストールする。Vista以降のOSの場合,インストールの場所(Destination Folder)を,「Program Files」の外にすること。たとえば,C:\SHOUTcast など。(図1参照) DocumentationとConfiguration Builder のチェックはつけたままで,フルインストールする。(図2参照)
  3. インストールフォルダ(SHOUTcast)内には,4つのフォルダと9個のファイルが出来るようだ。
  4. インストールフォルダ(SHOUTcast)内にあるsc_serv_simple.confをメモ帳などのテキストエディタで開き,次の3行を書き換えて保存する。
    • publicserver=always  —>  publicserver=never
    • password=testing
      —>  password=[自分で設定した適切なパスワード]
      外部に公開する場合は,強度に気をつけて適切に設定すること。
    • adminpassword=changeme
      —>  adminpassword=[自分で設定した適切なパスワード]
      外部に公開する場合は,強度に気をつけて適切に設定すること。
  5. コマンド プロンプトを起動して,
    ”C:\Program Files\SHOUTcast\sc_serv.exe” sc_serv_simple.conf
    を打ってSHOUTcastサーバを起動する。「Program Files」には空白が含まれているので,ダブルコーテーション(半角)を忘れないこと。
  6. ブラウザから http://localhost:8000/ にアクセスする。Loginしてみる。
    ユーザ名には,admin
    パスワードには,sc_serv_simple.conf で設定した adminpassword を入力する。(図3参照)

    Logoutしてブラウザを閉じる。

  7. 先ほど開いたままのコマンド プロンプト上で,[Ctrl]+Cを打ち,SHOUTcastサーバを停止する。コマンド プロンプトを閉じる。
  8. http://www.winamp.com/media-player/japanese から最新版の Winamp Standard を
    □ MP3バンドルを含む (ファイルサイズ 22 MB)
    には,チェックを入れないでダウンロードする。
    ダウンロードした winampxxx_full_emusic-7plus_ja-jp.exe をインストールする。

    Winampをネットラジオ以外に使わない場合は,できるだけ軽量でインストールするほうがいいので,各オプションを以下のように変更する。記載がないものはデフォルトのまま。

    • 日本語
    • コンポーネント,[軽量]を選択。(図4参照)
      フルでも使う機能に不都合はないのだが,いろいろ余計なものがインストールされるので,うっとうしい。
    • クイック起動アイコンの作成
      デスクトップアイコンの作成
      のチェックは外す。(図5参照)
    • WinAmpツールバー
      AOL Search
      eMusic
      のチェックは外す。(図6参照)
    • Baidu IMEをインストールしません
      をチェックする。(図7参照)
    • 「インストール」をクリック。完了をクリック。

    Winampセットアップが起動する。
     

    • 関連付けするファイルについては,
      「Winamp特有のファイル」以外のチェックは外す。(図8参照)

      Windows Explorerの[フォルダ]コンテキストメニューにWinampを表示
      Winampエージェントを有効にする
      のチェックを外す。(図8参照)

    • はい、匿名での利用統計に同意します(推奨)。
      のチェックを外して,終了をクリック。(図9参照)
      Winampのプレーヤーが表示されたら,これを閉じる。
  9. Broadcast Now!から,SHOUTcast DSP Plug-In for Winamp をダウンロードする。
  10. Choose Components で,[Full Install]を選択。(図10参照)
  11. Set as the current DSP plug-in
    Run winamp
    にチェックをつけたまま,Finishをクリック。
  12. WinampとNullsoft SHOUTcast Source が一緒に起動する。(図11参照)
  13. Nullsoft SHOUTcast Source の設定をする。
    • DJ/User ID は空欄にする。
      sc_serv_simple.conf で設定した password を記入。(図12参照)
    • Make this stream public のチェックを外す。
      Name を変更する。非公開サーバなので,なんでもよい。
      (ただし,多分アスキー文字のみO.K.)。(図13参照)
    • エンコーダをMp3にする。(図14参照)
  14. ひとまず,WinampとNullsoft SHOUTcast Sourceを閉じる。Winampを閉じれば,プラグインであるNullsoft SHOUTcast Sourceは一緒に閉じる。
  15. コマンド プロンプトを起動して,
    ”C:\Program Files\SHOUTcast\sc_serv.exe” sc_serv_simple.conf
    を打ってSHOUTcastサーバを起動する。
  16. Winampを起動する。
    Nullsoft SHOUTcast Sourceも一緒に立ち上がるので,Connectボタンをクリックする。接続できると,ボタンのテキストがDisconnectに変わる。Nullsoft SHOUTcast Sourceを最小化する。タスクトレイにNullsoft SHOUTcast Sourceのトレイアイコンが現れる。
  17. Winamp(さっき,起動したままのはず)で曲を再生する。
  18. Lan内の他のPCのWMPlayerからのSHOUTcastサーバにアクセスする(接続アドレスは,http://192.168.xxx.xxx:8000/)。
    他のPCがない場合は,同一PCの他のメディアプレーヤー(Winampは複数のインスタンスの使用可なのでWinampからでもよい。)からサーバにアクセスする(接続アドレスは,http://localhost:8000/)。ただし,この場合は音がダブって非常に聞きにくい。
  19. 再生を止め,Nullsoft SHOUTcast SourceをDisconnectし,Winampを閉じる。
  20. SHOUTcastサーバを停止する。
図1

図2

図3

図4

図5

図6

図7

図8

図9

図10

図11

図12

図13

図14

 これで,SHOUTcastサーバが,一応,構築できた。ここまで,うまくいったら,常時稼働させるSHOUTcastサーバはサービスとして運用した方がいいと思うので,コマンドプロンプトを起動して,SHOUTcast フォルダに移動し,
  sc_serv.exe install sc_serv 0 0 sc_serv_simple.conf
で,サービスとして登録する。(Install as a Service参照)
 サービスを開始する。
  net start sc_serv
 コマンドプロンプトを閉じる。

 また,登録直後は,手動での「開始」「停止」になっているので,コントロールパネルから,自動に変更しておいた方が便利かもしれない。

o6asan

View Comments

  • こんにちは

    6番までは確認しました。
    しかし、2日ほど前から応答が遅くなって、来ました。

    プログラムの実行、コマンドプロンプト、バッチファイルから起動出来るハズなんですが、少し不安定になって、起動したりしなかったり、認識しなかったので、スパイボットとウイルスチェックを掛けてから、

    OSの再インストールをしてみます。

    出来たら再インストールして、又報告します。

  • こんばんは 
    5, コマンド プロンプトを起動して,

    と言うところから上手くいかなくなって、OSの再インストールをしましたが、同じ状況でした。

    まずコマンドプロンプトから起動してもプログラムを認識しない、CTL-Cでも停止もできない、

    ファイル名から指定して実行でも起動しない、

    参照から、「C:\Program Files\SHOUTcast\sc_serv.exe」を探して起動すると起動できました。
    CTL-Cで停止もできました。
    サーバログインもできました。
    *************
    何かで、関連づけが切れてしまったようです。
    (RAIDm1)と言う1ドライブRAID1を使っていたのですが、
    取り外したのに、アイコンの出る右下の所から消えなかったのを
    レジストリーを切りまくってやっと消しました、それと窓の手で不用分の整理をしたので切れてしまったようです。

    現在、ファイルの実効ではCTL-C で停止しますが、
    コマンドプロンプトから起動した場合、サーバは停止しますが、
    コマンドプロンプトは停止しません。Xをクリックすると止まります。

    "C:\Program Files\SHOUTcast\sc_serv.exe"
    途中まで起動して sc_serv_simple.conf を入れることはできません(前と一緒です)

    バッチからの起動もできません。
    何かがおかしくなってしまいました。
    *****************
    今まで、ファイルの実行、コマンドプロンプト、バッチファイルはほとんど同じに使えていたのが、崩れてしまいました。

    システムプロパテイ、詳細設定、環境設定に関係しているらしいのですが、今まで余り触ってこなかったので、何処だか見当が付いていません。

  • 元CDを入れて「sfc /scannow」を実行
    ソフトが書き替わっていないか調べてみました。
    OKでした、

    しかしBMD.EXEは部別だと思うので此方も調べて見ます。

    普通実行プログラムのあるフォルダにバッチを書くと実行できて、
    そのショートカットを別のフォルダに作るとそちらからも実行でします、

    今回はショートカットからは実行できて、バッチからは実行できない状態です。
    この違いがエラーに繋がっているような気がします。
    もっと調べてみます。
    それではまた。

  • C:\cast\battmp\ping_32.bat に 次ぎの内容を書き
    「type nul > C:\cast\battmp\arp32.log
    for /l %%i in (0,1,32) do ping -w 1 -n 1 192.168.0.%%i && arp -a 192.168.0.%%i >> C:\cast\battmp\arp32.log」

    C:\Documents and Settings\pc2\デスクトップ\cast に
    arp32.log へのショートカット(C:\cast\battmp\arp32.log)

    ping_32.bat へのショートカット(C:\cast\battmp\ping_32.bat)
    を貼り付け、クリックしますと、 (C:\cast\battmp\ping_32.batはここで編集できます)
    IPアドレス一覧を
    arp32.log へのショートカットをクリックか編集で見られます。

    しかし、「C:\cast\battmp\ping_32.bat」をクリックすると一瞬で終わります、おそらく結果も出ていないでしょう。

    同じ手法を「C:\cast\battmp\serv2_start.bat 」の内容「"C:\Program Files\SHOUTcast\sc_serv.exe" sc_serv_simple.conf」にすると使えません。
    ファイルの実行では使えます、不思議です。

  • apollo23さん,おはよう(?)ございます。

    夜の間に,多数書き込んでおられまして,失礼しました。

    手こずっておられるようですが,拝読するところ,どうも,SHOUTCastの関係というよりも,そちらの環境のせいのように思われます。

    > BMD.EXE

    ところで,これは,何のプログラムなのでしょうか。不明にして分かりませんでした。(汗)

    追記
    お忙しく,お疲れのようにお見受けしますので,ごゆっくりお取り組み下さい。私のわかる範囲であれば,いつでもお問合せにお応えいたしますので。

  • こんにちは 済みません CMD.EXE (コマンドプロンプトの本体)を打ち間違えていました。

    SHOUTcastサーバを起動できるところまでは判ったので、
    winamp をインストールして進めてみます。
    winampは full と lite が有るんですが lite は設定が少なく簡単です、 でも今回は fullを書いていただいたのでその法が判りやすく、それで進めてみます。

    コマンドプロンプトは一段落してから追求してみます。
    それでは宜しくお願いします。

  • こんにちは。

    > winampは full と lite が有るんですが lite は設定が少なく簡単です
    > でも今回は fullを書いていただいたのでその法が判りやすく、それで進めてみます。

    8. のインストールのところに,

      コンポーネント,[軽量]を選択。(図4参照)

    と書いてある[軽量]は,Winampのliteのことです。Fullは機能が入りすぎて,煩雑ですよ。

    Fullは図2のSHOUTcastサーバの方です。

  • >8. のインストールのところに,

      コンポーネント,[軽量]を選択。(図4参照)

    と書いてある[軽量]は,Winampのliteのことです。

    なるほど、Winamp Standard (12.3MB)をダウンロードしても インストールの時
    lite版を選べるのですね。
    前にfullとlite両方をダウンロードしてありました。

    インストールするとき「日本語」が選ばれていますが、英語の選べるので迷っていましたが、
    添付画像が日本語ですので「日本語のままでよいのですね。

  • > 前にfullとlite両方をダウンロードしてありました。

    これのlite版をインストールされていたのでしたら,先ごろまでのWinampについてのいろいろな違いは,このせいかもしれません。
    ファイル自体のlite版と,fullの中で指定する[軽量]の実態が違うことは,結構よくありますので。

    > 添付画像が日本語ですので「日本語」のままでよいのですね。

    はい,そうです。デフォから変えないのに,つい不安で書いてしまって,かえって混乱の原因になったようです。(汗)

  • 追伸 MP3バンドルを含む (ファイルサイズ 22 MB)のチェックは少し上に見つけました、
    入れていません。

    インストールをはじめます。
    インストーラへようこそ 次へ
    ライセンス契約書 同意する(しないと入れさせてくれない)
    インストール先を選んで下さい インストール先を選んで下さい
    「C:\Program Files\Winamp」 次へ
    コンポーネントを選んで下さい
    (元はカスタムですが、ここで軽量を選ぶ)
    必要なディスクスペース 1.87MB
    図4で必要なチェックを見たかったのですが項目が多すぎますね。
    コンポーネント,[軽量]を選択。(図4参照)
    フルでも使う機能に不都合はないのだが,いろいろ余計なものがインストールされるので,うっとうしい。

    この間のチェックで迷っています、
    それ以外に判らないのが沢山あります。
    winmap agent
    マルチメディアエンジン、オーディオ再生のコンポーネントのチェック?
    (WME)
    MIDI
    MOD/XM/S3M/IT
    OGG Vorbis の再生
    MP4 サポート
    FLAC
    CDのリッピング
    WAV/VOC/AU/AIFF

    映像関係は要らないので外し、
    出力 展開 ダイレクトサウンドのサポート ?
          旧バージョンのwaveライター ?
          waveout/MME出力 ?
    CD識別のためのCDDB 外し
    Sonic りっぴんぶ/CD書き込み 外し
    Singnal プロセッサースタジオプラグイン ?
    Winampプラグイン 関連が沢山 ?
    ユーザーインターフェース拡張 関連 ?
    視覚エフェクト関連 ?
    winampアプリケーション関連 ?
    ここまで で次へ

    「食料買い出しに要ってきます。」

    クイック起動アイコンの作成
    図5は判りやすいです。
    ではまた

Recent Posts

WordPress サブドメイン化完了。

7月末からメンテナンス中を掲げ…

2か月 ago

ヒェー、ひどい目にあったゼ。換気扇の交換。

 我が家の離れを1月から貸すこ…

1年 ago

ウォシュレット TCF331 から TCF4713R へ。

 超久しぶりの記事の話題がウォ…

1年 ago

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます…

2年 ago

鷹君、初の下剋上にて日本一。

日本一おめでとう!!  わーい…

2年 ago

自鯖で TLSv1.3 をサポート!!

 Apache Lounge …

2年 ago

This website uses cookies.