カテゴリー
Linux

懸案のLoox

今年の初め,LooxS5/53WにKnoppixをインストールして見た。
http://todos.xsrv.jp/2patioospro/todos.cgi?no=35
↑ これですね。

でも,どうしても,手持ちのPCCARDを認識してくれないので,お手上げ状態で投げ出したままになっていた。それに,どうも,重くって使い物にならないんだよな。この頃になって,TODOSでKOOLさんが新しいPCにフリーOSを入れたいとか,juneさんのUbuntuの話とかに触発されて,ぼちぼち,どうにかしなくちゃねとと思っていた。

「Linux+軽い」でググるとどうやらPuppyLinuxというのが軽いらしい。

で,以下はその起動までの顛末です。読み直してみると,USB接続のCDドライブがあれば,一発だったんだね。
それと,下記の手順にいたる前に,手動でvmlinuz,initrd.gz,pup-431JP.sfs あたりをインストして見たんだけど,Knoppixと同じくPCCARDを認識してくれなかった。どうやら,zp431305.sfsというのに,あまりポピュラーでないドライバ類が入っているらしいんだが,それを知らないものだから,Puppyもだめだと,あきらめるところだった。

でも,その段階で試しに動かしてみると,結構軽かったんだよね。で,何とかがんばろうと思ったんですよ。終わってみると大した手順じゃないけど,これにたどりつくまでは大変でしたよ―――――。

では,「1スピンドルのLooxS5/53WにPuppyLinuxをインストールする」+「純正CDドライブなし」を始めます。

  1. 起動FD作成
    面倒なので,C:\直下にrawwritewin.exewakepup2.imgを移動して,rawwritewin.exeにてイメージをFDに焼く。
    出来上がったFDを開き,
    autoexec.bat
    config.sys
    KERNEL.SYS
    command.com
    LINLD.COM
    emm386.exe
    himem.exe
    を残して,他は削除。その昔使った
    RAMFD.SYS, USBASPI.SYS, Di1000dd.SYS
    の3ファイルをPCから探してきて,FDにコピー。

    FD上のautoexec.batを書き換え。
    set drv=d:\
    LINLD.COM image=%drv%vmlinuz initrd=%drv%initrd.gz cl=pfix=ram

    (注) hdd上にdos が認識できるパーティションが1つある場合。1つも無い場合はdrvをc:に。2つある場合はdrvをe:にしないといけません。これで,最後にハマりました。

    FD上のconfig.sysを書き換え。
    switches=/e
    stacks=0,0
    lastdrive=Z

    files=20
    buffers=30
    break=off

    device=RAMFD.SYS
    device=USBASPI.SYS /W /V
    device=Di1000dd.SYS

    SHELL=COMMAND.COM /E:1024 /F /MSG /P=AUTOEXEC.BAT

    以上で,USB-FDから起動可能のFreeDOSの起動FDができる。

  2. CD代わりのUSBメディア作成pup-431JP.isoをCDに焼いてLiveCDを作り,CDドライブのあるPCで起動。このPuppyのユニバーサルインストーラで,USBフラッシュメモリにインストール。FULLで117MBくらい。このときに,スーパーフロッピーにはしないこと。
  3. USB-FDをLOOXに接続して,FDから起動。
    FreeDOSが起動。DOSをRAMディスクにコピー後,USBメディアに差し替えのメッセージが表示されるので,USBメディアに差し替え。
    USBからPuppyを起動。このPuppy上のユニバーサルインストーラで,内蔵HDDにインストール。OSの指示に従って各種の設定を済ませ,再起動。
    一応完了。

うーん,こう書くと短いなぁ。まぁったく。

最終的に,PCCARDの認識も何ら問題なく行って,簡単にネットに接続できたのはうれしかったけど,ここに至るまでのドライバー探しは何だったんだといいたいよぉ。カードはCoregaのPCC-TXDなんだけど,これのドライバはaxnet_cs.koです。という情報は,Knoppixのときから,つかんでいた。

で,このバージョンのPuppyはちゃんと対応していたんだけど,これが,zp431305.sfsに入っていたらしくて……だもんで,最初は,どっかのリポジトリから引っ張ってきて,なんちゃらやっていたんだけど,どうしてもうまく行かなくて投げ出すとこだった。

いつものことですが,終わってみれば,なんちゃなかったわけです。何でこんなに手間取ったんだろうと思うのは,常のことですね……(sigh)

「懸案のLoox」への2件の返信

電右衛門 何時もの大法螺予告編

芦屋の高級住宅街に住む還暦米国人夫婦
奥方は日本語が大層上手 夫は片言の日本語すら使はず奥方を通訳として会話
そこは表現力豊かな電右衛門 片言の英語もどきと身振り手振りを駆使
用件を伝え仕事を完了させると 喜んだ米国夫バーカウンター冷蔵庫まで電右衛門を連れて行
大吟醸酒を1本選んでくれて大きな握手
「落ち着いたら 貴方とイッパイ呑みたいと云ってる」 奥方が通訳 
嬉しい事をと思った電右衛門 その時o6asanさんのイメージが

本編は次週火曜日 Juneさんの電脳小部屋にて全国一斉大公開

麦秋 香川県・小津安二郎・原節子・・・

電右衛門さん,こんばんは。

> 本編は次週火曜日 Juneさんの電脳小部屋にて全国一斉大公開
楽しみにお待ちしております。

> 麦秋 香川県・小津安二郎・原節子・・・
ありましたねぇ,そんなのが。
こんなこと言うと小津さん好きに叱られるでしょうが,どうも,どの作も替わり映えがしなく思えて。
そのうち,分かるなるようになる日が来るかもしれないと思っていますが……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です