カテゴリー
Windows

Office 2010 Home and Businessのローカルディスク(Q:)

 TODOSの話題関連で,Windows LiveにレジストしてSkyDriveを試してみたのだが,そのときにOffice 2010 Home and Business(試用版)をインストールした。

 SkyDriveは試しただけで継続して使う気もなく,WordやExcelの関連付けがOffice 2010 Home and Businessに変更されて使いにくいこと甚だしかったので,すぐにOffice 2010をアンインストした。

 Office 2010をダウンロード・インストされた方はご存じだと思うが,仮想ドライブ「ローカルディスク(Q:)」というのが作られる。これがOffice 2010本体をアンインストしても消えない。どうやら,Office 2010をすぐに使用できる仮想化されたサービスに変換するためにMicrosoft SoftGrid Application Virtualizationを利用しているらしい。で,これがらみがOffice 2010クイック実行アプリケーション,コンパネにこの名があったのでアンインストしたら,無事ローカルディスク(Q:)が消えた。

 ところでこのローカルディスク(Q:),Office 2010のベータ版のころから問題児のようで,ググってみるといろいろ書き込みがあった。初期のころの情報ではレジストリを操作して消す方法が載っていた。これは,HKCUの\Policies\ExplorerにNoDrives:00010000とNoViewOnDrive:00010000を追加するという方法だったが,なんとなく気持ち悪い。どこかに追加されたものの影響をさらに何か追加して消すというのはねぇ。まぁ,初めのころは情報も少ないから,SoftGridがらみをレジストリから綺麗に手動で消すのは難しくて,仕方なかったんだろうね。

 SkyDriveだけど,ブラウザ上だけでの編集しか使わないのなら,Office 2010 Home and Business(試用版)は必要ないので,アンインストしても使用に支障はない。

追記:
 ちょっと,自分で誤解かなと思ったこと。
 「HKCUの\Policies\ExplorerにNoDrives:00010000とNoViewOnDrive:00010000を追加するという方法」は,Office2010関係をアンインストしないで(Q:)の表示を消すためってことかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です