カテゴリー
Linux

CentOS6の練習-#5(デフォルトで動いてるサービス)。

 アヂ,アヂ,アヂ!! やっと,昨日梅雨が明けた。しかし,今週の天気は,一昨日も昨日も今日も,梅雨というより,晴れーーーのち夕立ッ,見たいな感じだった。暑いし湿気てるし,「うーっ,溶けてしまいそうだ」。日本の夏だー。

 ひとしきり唸ったところで本題。7/13に6.3のMinimalをインストールしてから,正直,まだ何も手を付けていない。一番最初に,CentOSを使おうかなと決めたときのサイトを見に行って,別のディストリに食指を動かすなんてことをやったりもしている。まぁ,でもCentOSで行くことは変えてないけどね。

 電源入れるたび,yum updateだけをやってる感じなんだが,結構頻繁にkernelのマイナー・アップデートがあるんだな。7/13からもう2回もアップデートがあった。
   kernel.i686 2.6.32-279.el6  <<— インストール時
   kernel.i686 2.6.32-279.1.1.el6
   kernel.i686 2.6.32-279.2.1.el6
という感じ。でもって,
   yum list installed|grep kernel
とか
   rpm -qa|grep kernel
とかで問い合わせてやると,3つとも出てくるから,kernelについては自動で清掃作業はやらないみたい。まぁ,もしやられるとしたら逆に怖くもあるけど。今のところは必要ないが,古いkernelの削除を,CentOS6だと package-cleanup –oldkernels でざっくりできると書いてある。package-cleanup は,yum-utils に含まれているらしい。しかし,installed.txtを見た限りでは,Minimalだとインストールされていない。実際,
   package-cleanup –oldkernels
とやったら, command not found が戻ってきた。で,yum-utils をインストールしてみた。いらんことかもしれんが……。
   yum install yum-utils
 終わってから,
   package-cleanup –oldkernels
をやってみたら,
   kernel.i686 2.6.32-279.1.1.el6
   kernel.i686 2.6.32-279.2.1.el6
だけになった。ふーん,お利口さんだ。最新だけでなく,その直前のkernelも残すんだ。

 Minimal インストールだと,初期の段階で,どんなサービスが動いているんだろうか。 ntsysv が使えると書いてあるが,このパッケージもインストールされていなかった。あれもこれもインストールするのはどうかと思い,
   service –status-all
でチェックして見た。標準出力に出した場合と若干差があるようだが,USBフラッシュメモリに書きだした一覧がこれ。知らないサービスが並んでいて,見てもまだよく意味がよくわからない。しかし,sshdなんかはMinimalでも初めから走ってるんだなということは分かった(爆)。

「CentOS6の練習-#5(デフォルトで動いてるサービス)。」への4件の返信

CentOSのことは、Debianを使った研修でも話題になりました。
http://todos.xsrv.jp/22patioweb/todos.cgi?no=41
この二つは、何かと比較されるようですね。
こんな比較も見つけました。これは5.3ですが。
http://techno-st.net/2009/06/10/centos-53-debian-lenny.html
そのときの講師の方がDebianを推奨するのは、開発の中心メンバーに日本人がいることなどを挙げていました。

CentOSでのCUIとGUIの切り替えについてというのも見つけたのですが、こちらのサイト、他にも興味深い話題があるようです。
http://blog.rutti.net/item_217.html

りりさん,こんばんは。

お返事がすっかり遅くなってしまいすみません。

Linuxのディストリもいろいろありますが,サーバとして使われるとなるとやはり限られてくるようで,私が参考にしたw3techsを見ても,Debian と CentOS だけで,半分を超えてます。SuSEとGentoo以外は,Debian系(Debian,Ubuntu) と Red Hat系(Red Hat,CentOS,Fedora)ですから,この2つの系統で,Web ServerのLinux OSの90%位を占めている話になりますね。最近は結構,Ubuntuの伸びがいいらしいように書いてあります。Debianのシェアはアジアでは低いらしいコメントもありますが,日本では現時点で何が強いのでしょうか。

http://techno-st.net/2009/06/10/centos-53-debian-lenny.html(魚拓です)の方は,どういう形でインストールされたのでしょうか。7. What groups are included in each option at install time?に,CentOS6の各モードでインストールされるグループが書いてあるのですが,CentOS5とは少し変わっているようで,「ベース のみ」と書かれている,これの意味がよくわからないいんです。今回私がインストールしたのはMinimalでして,これだとインストールされるのはCoreだけのようです。chkconfig –listでチェックしてみたら,こんな感じでした。このなかには,cupsなんかはありませんね。svstatus.txtで見たのと大体おんなじです。現在,xw4200はランレベル3で走っています。

cupsと言えば,昔Fedoraで印刷で手こずったことがあるんですが,今は簡単になっているのでしょうか。仕事先の手を触れまいと決めていたサーバのOSがRed Hatだったので,流れでFedoraを4か5のときに齧りました。

> CentOSでのCUIとGUIの切り替え

GUIっ子なのでということで,Let’sNoteにはDeskTopを入れたんですが,サーバに関しては今回はCUIで行こうと思っています。挫折するかもしれませんが,勉強のつもりで……(爆)

うわっ、リアルタイムで、歯のコメントにレスがついている…

で、私が見つけたサイトの二つの比較は、まあ、条件をそろえているんだろう…と推測するのみです。Debianについても、VirtualBoxを使い、全く別の方法でインストール練習をしているので、私の見たことのない画面で…

>GUIっ子なのでということで,Let’sNoteにはDeskTopを入れたんですが,

CUIの画面は苦しいですね。一つスペルを間違えたり、カンマとピリオド間違えたり…操作するにも不安ばかり…

他のLINUXも似たような機能があるかもしれませんが、↑で履歴にあるコマンドを出したり、TABコマンドでファイル名を補完してだしたり…がちょっと救いでした。

O6asanさんがコツコツと練習されているご様子、いつもながら感心します。私はてっとり早くできないと嫌なので。

CentOSでのサーバ運用実施が楽しみですねーーー

> うわっ、リアルタイムで、歯のコメントにレスがついている…

はい,りりさん,おはようございます。今日は,どこにも行かないので,のんびりしています。って,掃除や洗濯が待ってるんですが……でも,まっ,梅雨が明けて洗濯は楽になりました。ユックリ干しても,夕方には乾いてますから。ただし,夕立に注意!! → 自分

> ↑で履歴にあるコマンドを出したり、TABコマンドでファイル名を補完してだしたり

これ,もともとはUNIXから来てるんだと思います。今まで齧った(ホント,あっちこっちつまみ食いだけで―大汗)LINUX全部にありましたね。

> O6asanさんがコツコツと練習されているご様子、いつもながら感心します。私はてっとり早くできないと嫌なので。

私が田舎に引っ込んでることもこれに関係あると思います。今でこそ,ネットという便利なものがあって助かってますが,聞く相手にも調べる先にもひどく苦労したものです。Fedoraを齧ったころですら,ネットでは回線が遅すぎて落としきれず,つてを頼って手に入れたくらいでしたから。

> CentOSでのサーバ運用実施が楽しみですねーーー

前途遼遠で,ずーっと先送りになりそうなのですが,臨時サーバの状態もひどくてそうも言ってられないようです。ボチボチ,やります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です