カテゴリー
WordPress

o6asanの掲示板を引っ越し。

ウォホッホッ。ほぼ1年ぶりの投稿でござります。

2021.9.2にネットオウルからお知らせメールが来たんだけど、「2022.3.31正午をもって『ウェブクロウ』と『フリー WP』のサービスを終了します。」という内容だった。どっちのサービスもPHPが7.1.2からアップデートされなくて、本体の会社は問題ないけど、サービスはどうなんだろうとかなり前から思ってはいたところだった。

まあ、サーバー管理ツール・データベースへのアクセスの最終期限は2022.9.30正午らしいんだけど、 『ウェブクロウ』には掲示板を置いてて、『フリー WP』には チョー昔のPerlのお勉強のあとをのっけたままなので、なんか考えなきゃなあと思った。

いろいろやってみたんだけど、結局のところ「スターサーバーフリー」のPHP・MySQL対応プランを使うことにした。

スターサーバーフリーの PHP・MySQL 対応プランで簡単インストール。

サーバー管理ツールの中に WordPress の簡単インストールがあるので、まずはそれを使う。

下記のURL内で説明されていることを、簡単インストールがやってくれるみたい。 root 下に作った blog ディレクトリにインストールした。

参照: https://wordpress.org/support/article/how-to-install-wordpress/

ダッシュボードにアクセスすると、サイト URL に /blog を表示しないようにする場合の指示があるので、 NetWork 化する前にやっておく。

パーマリンクの設定も再確認する。

んなわけで、新しい掲示板の URL は http://o6asanforum2.starfree.jp/ 。 PHP は7.4.25になって8.0系も可能になったんだけど、フリーサーバーは https には今回も未対応。

下記は見なくても URL から WordPress 専用ディレクトリの表示を消すのは、ダッシュボードの指示で簡単にできると思うけど、一応あげておく。

参照: https://wordpress.org/support/article/giving-wordpress-its-own-directory/#method-ii-with-url-change

NetWork 化してマルチサイト WordPress にする。

1段階 WordPress の専用ディレクトリを URL に見せないつもりなら、NetWork化に入る前に上の変更を必ずやっておくこと。

参照: https://wordpress.org/support/article/create-a-network/

2段階 FTP(スターサーバーフリーのサーバー管理ツールの中に WebFTP がある) から wp-config.php を開けて指定の位置に下記の行を書き加えて上書保存。

/* Multisite */
define( 'WP_ALLOW_MULTISITE', true );

ブラウザを再読み込みする。

3段階 ダッシュボードの管理バーのツールの下にある「サイトネットワークの作成」に移動する。表示されている内容を確認し、インストール。

スターサーバーフリーのサーバ設定の確認も面倒そうなので、今回もサブディレクトリ型で行く。まっ、前の無料サービスがそこは大丈夫だったしねって、安易に流れた。

4段階 指示されている通りに wp-config.php と root にある .htaccess を編集する。2つのファイルを上書保存する。表示されているページのログインリンクを踏んで、ログインしなおす。

消してしまって記憶があいまいだけど、日本語の .htaccess の編集の仕方を一番最初に読み間違えたみたい。 create-a-network ページには replace と書いてあるので、上書保存する場合は表示されたコードを .htaccess 中の # BEGIN WordPress と # END WordPress の間にあるコードと置き換える。

このあたりを間違えると too many redirect が出たりするよ。今回やらかして、次段階のサイトの追加後のダッシュボードアクセスがうまくいかずに、1日悩んでた😅

5段階 o6asan’s BBS 用のサイトを追加する。

言い忘れたけど、作業の間は両サイトとも非公開にしておく。

Akismet プラグインの有効化。

サイトネットワーク管理から Akismet プラグインをネットワーク上で有効化する。その後、各サイトのプラグイン設定から、 Akismet の設定に行き、使えるようにする。私の場合は前から使っている API キーがあるので、それを使って有効化した。

一応、箱の準備はここまで。

The same article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。